月別: 2016年12月

交通事故に遭った

交通事故にあってしまって、あなたも示談という問題と深く関わっていかなければならないことになってしまうかもしれません。示談とは生半可なモチベーションで過ごすことが出来ないものです。真剣に向きあわなければきっと後々後悔するでしょう。

しかし、事故に慣れている人はいるはずはありません。突然の事故に、頭もパニック状態になり、ことを出来ればなかったことに済まそうという思いも生まれてしまうかもしれません。何をしていいかも当然判らないでしょうし、示談に真剣に向きあうべきといっても、なかなか上手くいかないケースがほとんどです。

だからこそ、事前にノウハウをしっかり理解していることが大事です。示談という意味すら知らない人たちは、この現代社会において、頼りなさ過ぎるのではないでしょうか。周囲の人たちが事故を起こしたとは、知識をアドバイス出来る程のパートナーになれるように準備をしておきましょう。

示談をすることで、あなたは、モラルなき担当者と接していくことになるかもしれません。保険会社というプロフェッショナルと接するから、しっかり被害者のことを考えてくれているだろうという思いは、間違いです。被害者をなめてかかり、被害者の無知につけこんで半ば騙すような形で示談を進める人たちがいるということも知る必要があります。

保険会社は、被害者の味方ではなく、単に営利集団に過ぎないということをあらかじめ知っているだけでも強みです。更に続けましょう。