月別: 2016年12月

切り札が必要

プロフェッショナルの保険会社が言うのだから仕方ないという思いは、間違いです。保険会社は、決して被害者の味方ではなくて、保険会社の得するようなことしか言って来ません。保険会社の言いなりにならない、それは、妥当な賠償額を勝ちとるためには当然のことです。

1回目に保険会社の提示してくる金額は、ほとんど「妥当な賠償額」ではないと思った方がいいです。1回目だけで被害者は絶対に頷くべきものではありません。

しかしゴネ続けばいいということでもなさそうです。ゴネて、お金がアップ出来るのなら、もっと多くの人たちがずっとゴネ続けているでしょう。ゴネを全部受けとめれば、保険会社なんて今頃倒産してしまっているでしょう。

交渉には、テクニックが存在し、まず、交渉は多くを語った方が不利になるということを覚えておきましょう。そして、保険会社に対して、切り札の存在は最後まで明かさないのがポイントです。はじめての交通事故で、示談をしなければならないとき、ここの部分を大きく見誤っている人たちが多くいます。なぜ、そのようにしなければならないかと言えば、相手が反則技を使うかもしれないからです。そのようなときのためにこちらも切り札が必要なのです。

その切り札となるのが、専門的な知識のある弁護士です。保険会社との示談交渉は一度成立してしまうとやり直しがききません。なので、事前に弁護士に相談してアドバイスをもらっておくと良いでしょう。保険会社に人間は相手が素人だと思っていますので、突然専門的な知識をぶつけてきたらきっとびっくりするはずです。面倒でも、自分の為に示談交渉前は必ず弁護士に相談することをおすすめします。

TOPIC-交通事故被害者救済サイト
・・・交通事故発生から示談への流れ、弁護士に相談するタイミングについて掲載しているサイトです。